2008年01月11日

香水の選び方と保存 周囲への気遣いは忘れずに

香水の選び方と保存

好みの系統や、気分を変える為とか、デートだから、とか目的に合わせた香りの方向性で選ぶとよいでしょう。また、その日の気分や体調によって、感じ方がデリケートに違ってくるので気を付けましょう。

ボトルの形でも香りのイメージがつかめるものです。気に入ったボトルから、香りをためして、好きか嫌いか、自分の感覚で決断します。
人によって香り方や感じ方が違うもの。自分に合うものを選びましょう。

慎重に選ぶなら、サンプルを実際につけてみるが一番です。
香りは人によって、好き嫌いがはっきりしています。 自分の為につける香水でも、周囲の人への気遣いはお忘れなく。

香水にも寿命があり、封を切った瞬間から、キャップを開けるたびにアルコール分が蒸発し、濃度が濃くなっていきます。

保存状態がいいと2、3年またはそれ以上もちますが、なるべくなら1年前後で使いきるようにしましょう。
保存の仕方としては
1.直射日光を避け
2.温度変化の激しいところには置かない
3.蓋の密閉に注意しなるべく空気に触れないように

この3点に気を付けましょう。特に高価な香水は、少量をアトマイザーに移して使い、あとは冷蔵庫に保管すると長持ちします。

Vivi(ビィビィ)

Vivi(ビィビィ)

希望小売価格¥8,400→販売価格¥4,830

お世辞にも美形とはいえないのに、なぜかモテる芸人や指名されるキャバ嬢。反対に、あきらかに平均以上なのに異性に縁…

商品詳細ページへカートページへ

posted by suzusuzu at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 香水のつけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。